映像専門学校選びで失敗しないために!就職先や授業内容など入学前に調べておくべきことを紹介します

このサイトでは、映像専門学校の情報を取り扱っています。
これから入学を検討する人にとって、有用な情報が集まっており役立ちます。
例えば、選び方やどのような教育を行っているのか、卒業後の進路はどうなのかなどを知ることが可能です。
自分の進路となる学校は、その後の人生にも大きな影響を与えます。
したがって、適当に選んでしまえば後悔してしまうでしょう。
このサイトで情報を集め失敗しない学校選びをしてはどうでしょうか。

映像専門学校選びで失敗しないために!就職先や授業内容など入学前に調べておくべきことを紹介します

映像専門学校の選び方は、自分の好みに合っているかや、卒業後に希望の進路につけるかなどを総合的に考慮して選ぶのがおすすめです。
授業内容は、ホームページで確認することができます。
進路も同様に掲載していることが多いので、容易に得られる情報です。
ただし、一つの映像専門学校の情報を見ているだけでは、そこの特徴的なカリキュラムを知ることができません。
したがって、できれば複数の候補を比較してより良いところを探すスタンスがおすすめです。

映像専門学校卒業生の主な就職先はどんな会社がある?

映像専門学校は、その名の通り映像制作について学べる学校です。
カメラや編集機材といった映像づくりに欠かせない機器類の操作方法はもとより、学校によってはシナリオの書き方や演出テクニックなどを学べる場合もあります。
また、最近ではセル・アニメーションやコンピュータ・グラフィックスの制作に必要なスキルを教えてくれる学校も増えています。
映像づくりを学ぶ学校なので、当然ながら卒業後は映像制作の現場で働く人が多くなりますが、活躍場所は多岐にわたります。
映像専門学校の卒業生の主な就職先としては、映画会社や放送局、広告会社の制作部門のほか、それらの会社から委託を受けて番組やCMなどを撮影する、映像制作会社などを挙げることができます。
さらに、近年ではさまざまな企業がインターネットを通じた動画配信を積極的に行っているため、それらに関わる卒業生も少なくありません。
ウェブサイトの制作会社はもちろんのこと、自治体の広報部門や通信教育を実施している学校などに就職するケースもあります。

映像専門学校を卒業してフリーランスとして活動する人も多い

クリエイターの仕事はとても人気があり何かを作ることに喜びを感じる人が沢山いますが、そのためには色々なことを学ぶ必要があるのでけっこう大変です。
独力で全てを学ぶのは非常に難しいので多くの場合専門の学校に通って基礎を学ぶことになりますが、中でも動画の編集を学べる映像専門学校は人気があり多くの人が通っています。
映像の制作と言っても様々な作業があるので映像専門学校に通って色々なことを学ぶことになりますが、それが就職する上で力となり希望する会社に入れる可能性が高くなります。
またコースが豊富に用意されていることも大きな特徴でその中から自分に合ったコースを選ぶことができますし、実際に現場に足を運んで学べることも映像専門学校の強みと言えます。
そして何と言ってもクリエイターの仕事は力があればフリーとして活動することができる点が大きな魅力で、映像専門学校を卒業してフリーランスとして活動している人もとても多いです。

映像専門学校で身につくスキルとは?

映像専門学校では映像に関連した様々な技術を身につけることができます。
映画やドラマ、アニメ、CGといったジャンルによって磨くべきスキルは異なるのも特徴でしょう。
映像専門学校で教えているスキルの一例には、編集や加工、撮影、ライティング関係、音響などがあります。
また、ディレクションスキルの勉強が行われることもあるでしょう。
すべてが分業されている会社所属のクリエイターになる場合を除き、企画構成や業務進行のためのディレクション能力は必要です。
編集はコンピュータを使い、映像制作ソフトを使用します。
映像制作ソフトによっても機能や操作性が違うため、使いこなすためにはしっかりとした知識と経験が求められます。
カットや結合、効果、字幕などの加工も素晴らしい作品を作り上げる上で欠かせない要素です。
映像専門学校ではスキルの一つにソフトの使用方法を教えてくれる例も多く、卒業後の実務に役立てることができるようになっています。

映像専門学校の授業のカリキュラム

映像専門学校ではどういったスケジュールで授業を行っているのかを、解説していきます。
授業はCGに関係する必修科目が時間数で決められており、選択授業も存在するのです。
CGデザイナーとして第一線で働くことが可能であり、需要もとてもある仕事です。
手に職をつけたい人は、選んでよいかもしれない仕事といえそうです。
例えばファイナルファンタジーなどの有名な作品に参加している卒業生がいる程授業の質は高く、業界との接点が多いためにチャンスも広がります。
ソフトを学ぶための授業や、卒業後の企業職種を複雑にモデル制作再現したりとプロの環境を放課後のオープン実習することもできるのです。
未経験者でもスムーズに進めるためのテキストも充実しており、実習授業を中心とした授業を実施しています。
長年活躍している先生が教えてくれるので、疑問点もすぐに解決することができます。
映像専門学校に通うことにより、自己学習では難しい知識を学科で身に着けることが可能です。
是非夢をかなえましょう。

著者:小田正隆

筆者プロフィール

大阪府堺市生まれ。
映像専門学校に関する記事を書いています。
大阪 映像専門学校